掲載している情報に関しては、その完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証も行なっておりません。ご利用に際しては、自己の責任において判断くださいますようお願いします。

ゴムの劣化

提供: ゴムペディア
移動先: 案内検索

ゴムは外からの様々な影響で時とともに劣化します。その要因として、紫外線によるもの、大気中のオゾンによるものなどがあるようです。同じ劣化といっても前者の紫外線によるものは、ゴムの素材色によって左右される場合があります(黒色は遮光し劣化を遅らせる)

それに対し、後者のオゾンによる劣化は色には無関係で、オゾンの持つその強い酸化力により生じてしまいます。耐オゾン性の良好なゴムとしてフッ素ゴムシリコーンゴムEPTEPDM)、アクリルゴムなどがあります。逆に耐オゾン性が劣るものは天然ゴムなどです。ゴムやスポンジは、使用される環境をいろいろ考慮して素材を選定しなければなりません。