掲載している情報に関しては、その完全性、正確性、適用性、有用性等いかなる保証も行なっておりません。ご利用に際しては、自己の責任において判断くださいますようお願いします。

「気泡」の版間の差分

提供: ゴムペディア
移動先: 案内検索
 
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
スポンジは、ゴムに発泡剤を配合して、発泡剤の熱分解により生ずるガス(ビールの泡を想像したらよいかと思います。)によってゴムを多孔性の構造にしたものです。気泡構造の単位を「セル」といいます。各セルが完全に独立しているものを単独気泡(独立気泡)型、セルが隣接するセルと「部屋」が連続しているものを連続気泡型といいます。
+
[[スポンジ]]は、[[ゴム]]に発泡剤を配合して、発泡剤の熱分解により生ずるガス(ビールの泡を想像したらよいかと思います。)によってゴムを多孔性の構造にしたものです。[[気泡]]構造の単位を「セル」といいます。各セルが完全に独立しているものを単独気泡(独立気泡)型、セルが隣接するセルと「部屋」が連続しているものを連続気泡型といいます。
  
 
== 単独気泡(独立気泡) ==
 
== 単独気泡(独立気泡) ==
14行目: 14行目:
 
<用途>
 
<用途>
 
台所用スポンジ、クッション材やろ過材など
 
台所用スポンジ、クッション材やろ過材など
 +
 +
[[Category:製品及び半製品に関する用語|きほう]]
 +
[[Category:スポンジの性質|きほう]]
 +
[[Category:か行|か行]]

2007年4月12日 (木) 13:14時点における最新版

スポンジは、ゴムに発泡剤を配合して、発泡剤の熱分解により生ずるガス(ビールの泡を想像したらよいかと思います。)によってゴムを多孔性の構造にしたものです。気泡構造の単位を「セル」といいます。各セルが完全に独立しているものを単独気泡(独立気泡)型、セルが隣接するセルと「部屋」が連続しているものを連続気泡型といいます。

単独気泡(独立気泡)

単独気泡

単独気泡(独立気泡)型は吸水性が極めて小さく、衝撃吸収性、加工性、浮揚性にすぐれています。ちょっと写真が小さいですが「セル」がつながっていないので、空気や水を通しません。ポリエチレンフォーム(スポンジ)は基本的に単独気泡です。

<用途> ビート板、ガスケットやクッション材

連続気泡

連続気泡

連続気泡型は吸水性、通気性、吸音性にすぐれています。左の写真で下のものが良くわかるかと思います。ここまで「泡」(セル)が大きくなるとこのような感じになります。「セル」がつながっているので、空気や水を通します。ウレタンフォーム(スポンジ)は連続気泡です。

<用途> 台所用スポンジ、クッション材やろ過材など